ARITICLE

記事

フランスのクリスマスの定番料理

2018/12/17

フランスのクリスマスは、家族や親戚一同が集まる大事なイベント。
日本のお正月と近いかもしれません。

レストランで食事をすることもありますが、多くの家庭では実家に集まり伝統的なクリスマス料理を楽しみます。

そこで今回は、フランスのクリスマス料理の定番メニューをご紹介します。
 

食前酒のシャンパンの後は、前菜でスタート。

フランスのクリスマスのごちそうとして必ずと言ってよいほど登場するのはフォアグラ。
12月になると、たくさんの種類のフォアグラがスーパーに並びます。
年中見られる缶詰だけではなく、プラスチック包装や布にくるまったものなど、この時期ならではの光景です。

ちなみに、世界で生産されるフォアグラの約8割近くがフランスで作られていますが、大半はフランス国内で消費されてしまうんですよ。

それくらい、フォアグラはフランスの食文化として欠かせないものです。
 

メインディッシュには、鳥の丸焼きがポピュラー。
大きさ、脂肪分、予算など様々な基準で選びますが、ポピュラーなのは、七面鳥、シャポン、ホロホロ鳥、鶏などです。
丸焼きにするほか、鳥のお腹にミンチ肉、栗、キノコ、フォアグラなどの詰め物を入れて、ファルシとして焼くスタイルがあります。
 

最後に、フランスでクリスマスのデザートとして定番なのは、日本でもおなじみ、ブッシュ(ビッシュ)ドノエル。
フランス語でビュッシュは「薪、丸太」、ノエルは「クリスマス」。
その名の通り、切り株の形をしたロールケーキです。
 

ノクトンブルでも、この時期はクリスマスにちなんだ黒板メニューが登場することも。

普段とは違った一皿を、ぜひご堪能ください。

 

 

。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。
祖師谷大蔵、ウルトラマン商店街の奥にひっそりと佇むNoctambule-ノクトンブル-は、美味しいフレンチとワインを楽しみながら会話が弾む、素敵に夜を遊ぶ大人達が集まる非日常的な空間。
日常使いから記念日やデート、パーティなど、それぞれの大切な時間をお過ごしください。
。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。

 

■Noctambule –ノクトンブル-
東京都世田谷区祖師谷4-24-23 横山ビル 1F
tel:03-5787-7255

■営業時間
【月・火・木】 18:00~24:00
【金・土】 18:00~2:00
【日】 15:00~22:00
 ※「日曜日限定」15時から18時までハッピーアワー
  <ドリンク全品200円オフ>
【定休日】水曜日

■アクセス
祖師ケ谷大蔵駅徒歩8分
ウルトラマン商店街をまっすぐ進んでください。
ファミリーマートの3軒ほど隣にあります。