ARITICLE

記事

フランスの家庭料理は意外とシンプルだった!

2019/01/17

あなたがいちばん好きな料理のジャンルは?

先日、こんなアンケート記事を見かけましたが、和食、イタリアン、中華がダントツのトップ3で、4位のフレンチと5位の韓国料理を大きく引き離していました。

和食は当然といえば当然でしょうが、イタリアンも中華も、日本の家庭に浸透しているから?という気もします。
 

フランス料理と言うと、フルコースで出される上品な料理というイメージが強いですが、実際のフランスの家庭料理は、農業大国としても知られていることからも、豊かな食材を活用したシンプルなものが多いです。

海に近い地域は新鮮なシーフードが、パリではソース文化が発達しています。
また、たくさんの国に囲まれたフランス。
スペインやベルギー、ドイツ、イタリアなど、国境が接している地域ではその国と影響を受けた地方料理を味わうことができます。
 

そこで今回は、フランス人が普段食べているおいしい家庭料理をご紹介します。
 

ラタトゥイユ

プロヴァンス地方を代表する料理。
一度にたくさんの野菜を摂る事が出来るのでとてもヘルシーですし、見た目もとても鮮やかです。
小さい角切りにして、パスタと和えても美味しいですよ。
 

プレ・ロティ

下味を付け、中に野菜等を詰めた鶏一羽をオーブンで野菜と一緒に焼く、いわゆるローストチキンのこと。
日本ではクリスマスのイメージが強いですが、フランスでは日常的な料理です。
肉屋さんの店先やスーパーのコーナーで串刺しになった鶏がゆっくり回転しながらローストされているのも良くある光景です。
 

ジャガイモグラタン

日本でも冬の定番としてお馴染みですね。
薄くスライスしたジャガイモは、水にさらさないのがポイント。
ジャガイモのでんぷんでとろーり美味しいグラタンが出来上がり。
 

キッシュ

パイ生地やタルト生地の上に生クリームや卵、野菜等で作った具を流し込みチーズをのせて焼いた料理です。
最も有名なのは生クリームとベーコンを使ったロレーヌ地方の郷土料理キッシュ・ロレーヌ。
他にもほうれん草とサーモンの組み合わせも良く見かけますね。
 

オニオングラタンスープ

寒い日こそ美味しいですね。
じっくり飴色に炒めた玉ねぎが甘みたっぷり。
熱々のスープにパンとチーズを浮かべるのが、おいしさの秘訣です。
 

フランス料理というと家庭で作るのが難しいイメージがありますが、下ごしらえさえしてしまえば、あとは煮込むだけ、焼くだけというシンプルなものが多いので、ご自宅で挑戦するのもオススメです。

もちろん、お店でいただくフレンチも格別。

ノクトンブルでは、伝統的なお料理から、様々にアレンジを施したフレンチスタイルのオリジナルのメニューまで、旬の食材を活かした美味しい一皿をご用意しています。

グランドメニューのほかに、今しか味わえない旬の食材をつかった季節限定の「黒板メニューも」ございます。

どうぞ、お気軽にフレンチをお楽しみください。

 

 

。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。
祖師谷大蔵、ウルトラマン商店街の奥にひっそりと佇むNoctambule-ノクトンブル-は、美味しいフレンチとワインを楽しみながら会話が弾む、素敵に夜を遊ぶ大人達が集まる非日常的な空間。
日常使いから記念日やデート、パーティなど、それぞれの大切な時間をお過ごしください。
。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。

 

■Noctambule –ノクトンブル-
東京都世田谷区祖師谷4-24-23 横山ビル 1F
tel:03-5787-7255

■営業時間
【月・火・木】 18:00~24:00
【金・土】 18:00~2:00
【日】 15:00~22:00
 ※「日曜日限定」15時から18時までハッピーアワー
  <ドリンク全品200円オフ>
【定休日】水曜日

■アクセス
祖師ケ谷大蔵駅徒歩8分
ウルトラマン商店街をまっすぐ進んでください。
ファミリーマートの3軒ほど隣にあります。