ARITICLE

記事

寒い冬にピッタリ!フランスのあったか家庭料理

2019/01/25

まだまだ厳しい寒さが続き、 体が芯から温まるような料理が恋しくなりますね。

そこで今回は、冬定番のフランスの家庭料理「ブッフブルギニョン」をご紹介します。
 

ブッフは「牛肉」、ブルギニヨンは「ブルゴーニュ地方の」という意味。
「牛肉の赤ワイン煮込み」といえば、お馴染みかもしれませんね。

大きめの牛肉とべ−コンの角切り、マッシュル−ム、にんにく、ブ−ケガルニ、そして玉ねぎやニンジン、セロリ、ジャガイモ、トマトなどの野菜を赤ワインに浸しておいてからじっくり煮込む料理で、ビ−フシチュ−の元になっているといわれています。
 

赤ワインで煮込む、と聞くと高級なイメ−ジがあるかも知れませんが、フランス北東部ブルゴーニュ地方の最もよく知られた郷土料理です。

ブルゴーニュといえば、ワインの産地。
そもそもは、飲み残しのワインと、筋が多くて普通には食べられないようなお肉を使った、残飯処理のような料理でした。

だから、ご家庭で作るには、コルクを開けて数日経過してしまったようなものでも大丈夫。
赤ワインの効果でお肉がとても柔らかくなります。

また、今ではブルゴーニュに限らず、フランスの一般庶民の家庭料理として1年間を通して作られていて、家庭によってフォンドボ−を使用したり、ブイヨンキュ−ブやトマトを使用したり、オリジナルの味があるんですよ。
 

舌の上で牛肉の脂身がとろける瞬間は、まさに至福のとき!
ノクトンブルでも、冬の人気メニューの1つです。

一緒にいただくお飲みものは、辛口の白ワインがおススメ。
ぜひ、ご賞味ください。

 

 

。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。
祖師谷大蔵、ウルトラマン商店街の奥にひっそりと佇むNoctambule-ノクトンブル-は、美味しいフレンチとワインを楽しみながら会話が弾む、素敵に夜を遊ぶ大人達が集まる非日常的な空間。
日常使いから記念日やデート、パーティなど、それぞれの大切な時間をお過ごしください。
。o○○o。。o○○o。。o○○o。。o○○o。

 

■Noctambule –ノクトンブル-
東京都世田谷区祖師谷4-24-23 横山ビル 1F
tel:03-5787-7255

■営業時間
【月・火・木】 18:00~24:00
【金・土】 18:00~2:00
【日】 15:00~22:00
 ※「日曜日限定」15時から18時までハッピーアワー
  <ドリンク全品200円オフ>
【定休日】水曜日

■アクセス
祖師ケ谷大蔵駅徒歩8分
ウルトラマン商店街をまっすぐ進んでください。
ファミリーマートの3軒ほど隣にあります。